指導者


木村哲郎

主宰・指揮者

武蔵野音楽大学作曲学科中退。作曲を池田一秀、コントラバスを檜山薫、声楽を内田功の各氏に師事。

いわき指揮法セミナーにて小林研一郎氏に師事。また、オペラ指揮者:菊池彦典氏のレッスンを受ける。

1999年にアンサンブル テオリアを立ち上げ、同グループでの作曲・指揮等を中心に音楽活動を展開。

これまでに人形劇団プークの音楽アシスタント、ラトビアの作曲家ガルータのカンタータ(日本初演)副指揮、海老名市第九の合唱指揮、NHK「土曜かきこみテレビ」ROLLYかきこみLIVEでは2度にわたりコーラスアレンジ・指導を担当。また、2007年には東京芸術劇場中ホールにてスイセイミュージカル公演ブロードウェイ・ミュージカル「サウンドオブミュージック」(出演:中村香織、ペギー葉山、美木良介、夏樹陽子)の指揮者を務めるなど、幅広い分野で活躍。

2001年11月の設立以来、合唱団ごまちゃんの主宰・合唱指導・指揮者を務める。


堀家徳子

ピアニスト

桐朋学園大学音楽学部卒業、桐朋学園大学研究科修了。

野平一郎氏主宰「伴奏法講座」第3期生として伴奏法を学ぶ。

桐朋学園オーケストラアカデミー嘱託演奏員を経て、現在、器楽、声楽などの伴奏、室内楽の他ミュージカルの分野などでも演奏活動を行う。

2008年ブラジル国内3か所にて日本ブラジル移民100周年記念コンサートに伴奏ピアニストとして参加。

2010年公開の東宝系映画「flowers」において女優のピアノ指導、BGMのピアノ演奏を担当する。

これまでに高良芳枝、藤井博子、武本京子、徳川愛子の各氏、伴奏を野平一郎、藤井一興の各氏に師事。